格式高いお座敷には黒縁を

2015/11/07

越前市 T様

お座敷の総入替えです。御仏壇前の拝座も見落としがちな床の間も、畳の新調の時が替え時です。畳を新しくした後に「やっぱりここも!」と、追加注文の多い箇所です。

 

○縁付き

[新畳]

(畳表)国産イ草/倭座・松

(畳床)ベストバランス

(畳縁)純綿縁<国産>-金黒

 

[拝座]

(畳表)国産イ草/倭座・松

(畳縁)紋縁-白中紋

 

[床上敷]

(畳表)赤流備

(畳縁)織高麗-金七宝

 

【客間・座敷】【神仏関係】【床の間】

縁(へり)は、広いお座敷を引き締める金黒です。格式高い畳の間には、国産純綿縁がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

before(御仏壇前)拝座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

after(御仏壇前)拝座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御仏壇を惹き立てる紋縁。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床の間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床の間の床板の裏側です。大正時代に新調したものだと判明。平成になり今回の張替えとなりました。

Share on Facebook
Please reload

特集記事

塾 待つのも楽しい

2019/01/25

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

目的別
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

〒916-0018 福井県鯖江市幸町1-1-12

TEL/0778-51-1375 FAX/0778-51-1798

  • Facebook Social Icon

HOME